考え事が頭を離れないときは、5分刻みで何かしよう。

f:id:aoi061233:20170723091631j:plain

いろいろな不安や心配事、過去の後悔、マイナス感情が頭の中を占領し、何も手につかない。頭の中のモヤモヤが膨らんで、集中できない。何もする気が起きない。

 

ただ、だらだらと寝ていたい。

だらだらできるのならば、それも一つの解決策。ゲームや読書をして、気が済むまで、だらだらすればいい。

 

でも、だらだらしていても、頭の中の黒い煙がもっと膨らんで、気分がすぐれない。どうしようもない。という時もある。いわゆる「ウツ状態」。

 

そんな、「ウツ状態」の時は、短い時間で何かをする。

 

できれば、家のまわりをジョギングするとか、有酸素運動をするのがベスト。だが、「ウツ状態」の時は、家を出ること自体、ハードルが高くなってしまっている。家の周りを散歩するのさえ、困難な状況だ。

 

そんな時には、細かく時間を刻んで、家事などをする。

 

トイレ掃除、洗濯、洗い物、掃除機がけ、、、。

 

長い時間やろう、完璧にやろう、と思うと、とても苦しいし、難しい。

 

なので、はじめは、15分とか、5分とか、短い時間を刻んで、家事をする。

 

5分できたら、休む。そしてまた5分。

 

携帯のタイマーか、キッチンタイマーを使って。

 

5分できたら、褒めてあげよう。小さな達成感を積み重ねる。

 

5分が無理なら3分。5分が短ければ、15分。

 

休み休み。

 

そして何かに集中して、いやなことを追い払おう。