お酒で記憶がない!ブラックアウトは危険!

またやってしまった😱。昨夜の記憶がない。

どうやって帰ったのだろうか?お代は払ったかなあ?何軒いったのか?暴言吐いてなかったかなあ。

 

もう、何度となく繰り返してきた、お酒での失敗。次の日の後悔。

 f:id:aoi061233:20170416021907j:image

 

私はアル中だ。

 

まず認めるとこから始めようと思う。毎日飲まなくても平気だけど、一度飲むとブレーキが効かない。制御できず、とことんまで飲んでしまう。飲みすぎて反省する。しばらくたってまた同じことをする。その繰り返し。山型飲酒というタイプのアル中らしい。

 

それならば、飲まなきゃいい、と、みんな思うだろう。そんなこと、もう1000回ぐらい思ってきたし、今日こそは酔わないって、1500回ぐらい決意してきた。禁酒宣言も。

 

変なところの前向きさが、アダになり、今日こそ大丈夫、と、山型飲酒のループにはまる。

 

そもそも酔っ払いの何が悪いのか。

•醜態をさらす

•物を亡くす

•二日酔いで次の日が潰れる

•人間関係を潤滑にするハズの酒が、人間関係を壊すことになっている。

 

この辺は、まだ序の口。自分の羞恥心と戦えばいいだけで、やばいが、自分の評価をさげるだけでなんとかなる。

 

もっとまずいのが、

•生命の危険がある。ホームに落ちたり、電車に轢かれたり、人ごととは思えない。

以前は、飲んでる場所と家が近かったから、タクシー帰りでなんとかなっていた。電車帰りは、いろいろな意味で危険。醜態も痴漢並みの迷惑行為だ。

•ブラックアウトを繰り返すと、脳に影響がある。シラフの物覚えも悪くなる。将来、認知症の可能性が高くなる。

 

酔って記憶がなくても家に帰れるのは、アルコールで海馬がやられ、長期記憶がやられるからだ。

短期記憶はあるので、家には帰れるが、記憶が長く続かない。

 

じゃあどうするか。

1.完全禁酒。もう一生飲まない。

2.気をつけて飲む。記憶のある程度におさめる。

 

本来の意味では、アル中は、1を取るべきだ。もう自分の人生の飲酒量には既に達していて、残念ながら、「一生分、飲んでしまった」状況にある。

 

ただ、人間関係=酒で、完全禁酒はなかなか難しい。1だと、普通の生活を送るには支障がある。特に酒好きで半生を生きてきてしまった私みたいな人にはなかなか難しい。

 

なので、みんな2を目指したいと思うはず。

2を目指すが、なかなかできないのが現実。

 

「あと一杯だけなら大丈夫だろう。」

これが危険で、あっという間に泥酔状態。もうその時点では、ブレーキがはずれてる。

 

「なんか盛り上げなきゃ」「会話のネタを探さなきゃ」

頼まれてもいない、求められてもいない、このサービス精神で、あっという間に自爆。

 

「楽しい〜。まあ、飲んじゃえ〜」

酒は、楽しいことの前借りです。インシュリンが出るらしい。次の日以降、いろんな意味での辛さが待ってます。

 

もう、どうにかしないといけない。私の酒癖。

 

対策としては、もうやってるけど、

•飲む機会をなるべく減らす。

•ウーロン茶、水、ソフトドリンクを飲む。

飲み会でも恐れずに、「ウーロン茶、一杯!」

•飲む前に、ウコンかペパか、ハイチオールか、ノミカタか、なんらかの対策薬を飲む。

今日はそんなに飲むつもりないから、って時も必ず飲む。これは、お約束にしなきゃ。飲みとのセットの癖にするしかない。忘れがちだけど。

•ブラックアウト、飲み日記をつける。記憶はあったか、どこまで覚えているか。二日酔いは、次の日の何時までだったか、等、詳しく。

 

酒癖は、持病。治ることはない。だましだまし付き合っていくしかない。一瞬の気の緩みが、いつも一瞬で泥酔、酩酊に。気をつけよう。

 

将来、痴呆で家族に迷惑をかけないためにも。